現代の進化概論

カブトムシ大型化研究室生命の神秘> 現代の進化概論

以前記述した、進化については私が生物について学んだ頃、つまり非常に?古い知識の記述です。最近は、もっと進歩し、大きく考え方が変化しています。

ということで、最近の進化についての考え方をわたしなりにまとめてみたいと思います。

生物は、進化していきます。絶え間なく。地球に海ができた頃にはすでにそこに生物が誕生し、40億年とも言われる生物の歴史の中で絶え間なく、生物がもつ、遺伝子は変異していきます。

一瞬、一瞬の間には、見えてこない変化ですが、生命の歴史から言うと万年単位で見ると、その変化は大きなものとなります。遺伝子プールという概念があります。長い間の、遺伝子の様々な変異を内包しつつ、それを包み隠し、何かあったとき、つまり大絶滅などの大きな変異があったときにそれを様々な形で発現し、生き残りの道を探る生命の神秘です。

生存空間?(ニッチ)が、ほぼ占められている状況では、現状をさほど変更することなく、ひとたび絶滅などによってニッチが空くと、そこに入り込むように、適応の可能性を探る実験をします。

その実験とは、いわゆるミュータント(突然変異体)を発現させ、持っている遺伝情報の中から、ありとあらゆる可能性を探すのです。その中で生き残ったものがいわゆる適応したものとして、そのニッチを埋めていき、その特殊であろう遺伝子を子孫に残します。

遺伝子プールは、一体だけの可能性としてでなく、グループとしてより沢山の可能性を持っているほうが、後の可能性としてもちろん有利に働くことでしょう。

その遺伝子プールを減らすことは、すなわち絶滅につながります。いわゆる平均化がそれです。可能性の目を摘み取ることになります。

たとえば、雑交もそれに当てはまるものになるでしょうし、インブリードも遺伝子の固定として使われるように、その可能性を極端に減らすことになります。

遺伝子プールは、生育する空間同士、交わりがなければ自然とわずかずつ増えていきます。すべての生育空間がお互いに閉ざされていないのであれば、平均化となっていきます。空間の交わりがないこととは、たとえば、海で隔てられていたり、大きな河があったり、そんな地理的条件の揃った場所です。虫で言えば、たとえば、瀬戸内海に浮かぶ、わずか岸から対岸が見えるほど近い島でも、亜種として存在するトンボもいるほどですから、ちょっとしたことで単独グループとして隔離されることが想像できます。

そのために、現在でも大繁栄を誇っている虫たちですが、自然の減少により、住処を追われ、減少している虫たちも多いと思います。自然を大切にし、生き物の可能性を奪わないよう、心がけるのもわたしたちの仕事のひとつではないでしょうか。

2008/06/22

【カブトムシ大型化研究室目次】

  1. カブトムシ大型化研究室トップ
  2. 掲示板
  3. 生命の神秘
    1. 遺伝子、突然変異、進化など
      1. インブリード(近親交配)をしよう
      2. 自然の選択・生物の大型化
      3. 進化
      4. 種の進化・分化
      5. 突然変異体の血の残し方・遺伝子の修復
      6. アウトブリード・クローン技術・突然変異
      7. DNAの塩基配列・細胞と遺伝子・デオキシリボース
      8. 現代の進化概論
    2. 他の生き物との比較など
    3. 分子レベルでの代謝やしくみなど
  4. 育成培地研究
    1. 発酵に関する研究
      1. EM菌(有用微生物群)について
      2. 発酵についての考察
      3. 衣裳ケースを使った発酵マット製造法
      4. マットの劣化
      5. 高温状態でのマット発酵・材の腐朽タイプ
      6. 腐朽菌・マットの微粒子化・小麦粉を使った発酵マット
      7. 発酵の条件
      8. 発酵とは・発酵の終息・異常発酵
      9. 共生生物・窒素不足・栄養としての微生物
      10. 幼虫のたんぱく源・微生物に関する知識
    2. 添加剤に関する研究
      1. より多く食べさせるために
      2. 添加物として使えそうなものの栄養組成
      3. 発酵マットの材料
    3. 菌糸に関する研究
  5. かぶとむし村計画
  6. おまけ
  7. サイトマップ

姉妹サイト