インブリード(近親交配)をしよう

カブトムシ大型化研究室生命の神秘> 遺伝子・突然変異・進化など

アウトブリード派に嫌われるインブリードでもいいことはあります。
その生体の持つ劣性遺伝子が見えてくるからです。
普段は、優勢遺伝子しか見えていない生体もインブリードをして劣勢遺伝子がホモになる場合もあります。
そのときに、劣性遺伝子として隠れていた特長が見えてきたり、また、ヘテロでもっていたものが優勢遺伝子のホモ遺伝子となりまた違った特徴を垣間見たりすることが出来るようになります。
つまり、野生ではAaが圧倒的に多い場合でもAAやaaがインブリードでは見えてきます。
AAとAaで表現型が違う場合もあるのです。

しかし、インブリードは生体にとってマイナスの効果のほうが多いのは確かです。
普段、見えていない致死遺伝子が発現したり、必要な何かが足りなくなったりと、生体を弱くするほうに働くことが多いのです。

しかし、もともともっているのに発現していない突然変異遺伝子を見るのには適しています。
飼っている個体に突然変異が起こる可能性より以前(数世代前)に起きた突然変異遺伝子を個体がもっている確立のほうが遥かに高いとは思いませんか?

野生では、同じ突然変異遺伝子をもつものは極めて少なく、その変異遺伝子が劣勢遺伝子である場合、普通に生活しています。
その劣勢の変異遺伝子を大きな確立で見ることが出来るのがインブリードです。

どうでしょう?
やりたくなったでしょう?

しかも、数世代のインブリードによって得た特徴の血統に違う特徴をもつ別のインブリード血統と掛け合わせることによって両方の特徴を兼ね備えた個体も作出が可能です。
虫関係の研究室ではこうしていろいろな特徴を兼ね備えたものを作るようです。

インブリードと逆の意味でよく使われるアウトブリード。
これは、インブリードでつくられたホモ遺伝子をヘテロ遺伝子にする効果があります。
AA、aaのホモ遺伝子では致死に至らないまでも虚弱な発現をする遺伝子がありAaのヘテロ遺伝子なら何事もない場合もあります。

ひとつのインブリード血統と別のインブリード血統を掛け合わせることも立派なアウトブリードです。
そして、どちらもかさねた血の交配のマイナス効果を消し去ることが出来るのです。

インブリードでその生体のもつ秘めた遺伝子の可能性がみえてきます。
そして生命の進化の一片を垣間見ることが出来るかもしれません。

しかし注意しないといけないことは、インブリードで出た発現を更なるインブリードで増長させるといった効果はありません。
つまり、インブリードをつづけたからといって、どんどん長くなったり、ますます太くなったりということはないのです。
ただ、それは発現を選択しているに過ぎないのです。
そしてインブリードを続ければそのうちに間違いなく血が途絶えます。
2004.07.20

【カブトムシ大型化研究室目次】

  1. カブトムシ大型化研究室トップ
  2. 掲示板
  3. 生命の神秘
    1. 遺伝子、突然変異、進化など
      1. インブリード(近親交配)をしよう
      2. 自然の選択・生物の大型化
      3. 進化
      4. 種の進化・分化
      5. 突然変異体の血の残し方・遺伝子の修復
      6. アウトブリード・クローン技術・突然変異
      7. DNAの塩基配列・細胞と遺伝子・デオキシリボース
      8. 現代の進化概論
    2. 他の生き物との比較など
    3. 分子レベルでの代謝やしくみなど
  4. 育成培地研究
    1. 発酵に関する研究
      1. EM菌(有用微生物群)について
      2. 発酵についての考察
      3. 衣裳ケースを使った発酵マット製造法
      4. マットの劣化
      5. 高温状態でのマット発酵・材の腐朽タイプ
      6. 腐朽菌・マットの微粒子化・小麦粉を使った発酵マット
      7. 発酵の条件
      8. 発酵とは・発酵の終息・異常発酵
      9. 共生生物・窒素不足・栄養としての微生物
      10. 幼虫のたんぱく源・微生物に関する知識
    2. 添加剤に関する研究
      1. より多く食べさせるために
      2. 添加物として使えそうなものの栄養組成
      3. 発酵マットの材料
    3. 菌糸に関する研究
  5. かぶとむし村計画
  6. おまけ
  7. サイトマップ

姉妹サイト