アウトブリード・クローン技術・突然変異

カブトムシ大型化研究室生命の神秘> 遺伝子・突然変異・進化など

アウトブリード

遺伝情報のなるべく重ならない(異なった)交配は遺伝子情報の発現が最適におこなわれ、健康で大きな個体ができる。
同種族間での交配で、お互いが遠方の産地であればあるほどこれにあてはまるものと思われる。

遺伝情報がたくさん重なった(同一配列の多い)交配は、発現が抑制され、もしくは異常発現(遺伝子変異が起こったものも含む)がみられるようになる
極端な例は同一親の子同士のインブリードである。

クローン技術

クローン技術がようやく確立しつつある。
しかし、まったく同じ遺伝子でも個体差はあるという。
よく似た例で一卵性双生児も顔が違うというように。

環境によってではなく、遺伝情報の発現(例:DNAのここからここまではこの酵素をつくる)に違いがでるらしい。
つまり、遺伝子が同じでも部位の発現がかかわってくる。
なぜ同じに発現しないかはいまだ不明らしい。

しかしクローンの場合、決定的なことがあるそうだ。
クローンはオリジナルにかなわない。」
身体的、精神的にオリジナルはするべきところはきちんとした発現をしているのに対し、クローンはそうでないらしい。
なぜかは科学の進歩によって明かされるであろう・・・・。

人工的な突然変異

突然変異は遺伝子に傷をつけることによって人工的に引き起こすことができる
たとえば、紫外線照射であり、X線照射もそうである。
また、アデニン・グアニン間、シトシン・チミン間の結合を細胞分裂のときに化学的に固定し組換えを起こさせる薬品もある。
突然変異誘発剤は種類によりどちらかの性質をもつ。

遺伝子突然変異

突然変異とは遺伝子の異常であり、進化もこれに含まれる

真核生物のDNAは二量体(2n)、すなわちよく聞く二重螺旋構造をとっている。
真核生物である節足動物も二重らせん構造の遺伝子をもつ。。
これは遺伝子を二重にすることによりアデニングアニン(デオキシ核酸の塩基部分)またはシトシンチミン(同様)という対をつくり、より遺伝子が確実に保存されるしくみである。

遺伝子組替え図←遺伝子(灰色、あずき色ともにアデニン、グアニン・シトシン、チミンの対を表す)

つまり一対になったDNAのうち片方がなんらかの要因で遺伝子の組換え(切断・異常修復)をおこしても、通常、その異常は正常な片方を参考に元通りに修復されるのである。

遺伝子組替え図←緑色が組替えの起こった場所。

遺伝子組替え図酵素によって修復される。

すなわち、どちらも同時に組換えが起こらない限り遺伝子の異常は普通は修復される。

しかし、そのような場合とは別にDNAが対のまま、ある単位で相互入れ替えが起こる場合もある。

遺伝子組替え図←遺伝子の相互入れ替えがおこなわれた図。

この場合にも遺伝子修復酵素は働くが、修復しきれない、修復されない場合もある。
よく聞くものにがんがある。

しかし、これらとは異なる条件の場合もある。
すなわち、減数分裂のときである。
これは、卵細胞、もしくは精子細胞を作るときに二重螺旋構造をとらない1量体(1n)の状態になる。
減数分裂で遺伝子組み替えがおこった場合、その情報は受精後、相方のDNAと対をなし二量体(2n)となる
遺伝子の優勢・劣勢はどちらが発現するかどうかにある。
先の遺伝子組み替えがおこったDNAでは、普通、正常である遺伝子が優先され発現がおこる
これは、重要な発現部位で遺伝子組換えが起こった場合、劣勢なものは生存に必要ななにかの酵素たんぱく質を作り出すことが欠けており致命的な時が多いからである。
遺伝子変異がおこっても発現しない(できない)のはそのためである。

また、実際に遺伝情報のほとんどの部位は使われていない。
膨大な遺伝情報のうちほんの一部だけが発現し、さまざまな酵素をつくりだす設計図になっている。

しかし遺伝子変異をおこした遺伝子は、劣勢のまま発現されず次の世代以降へ引き継がれる
偶然、同じ遺伝子変異をおこした同士の交配によってそれぞれ1/2づつ、つまり1/4の確立で遺伝子変異をおこした子ができる。

このときにその変異が致死性のものであれば、死亡というかたちとなってあらわれる。
先天的な奇形としてでてくる場合もある。
当然、アルビノ個体としてもでてくる場合もある。
重要な遺伝情報部位の変異はほとんど死亡とし、生きてこの世に出現できるものは希である。

【カブトムシ大型化研究室目次】

  1. カブトムシ大型化研究室トップ
  2. 掲示板
  3. 生命の神秘
    1. 遺伝子、突然変異、進化など
      1. インブリード(近親交配)をしよう
      2. 自然の選択・生物の大型化
      3. 進化
      4. 種の進化・分化
      5. 突然変異体の血の残し方・遺伝子の修復
      6. アウトブリード・クローン技術・突然変異
      7. DNAの塩基配列・細胞と遺伝子・デオキシリボース
      8. 現代の進化概論
    2. 他の生き物との比較など
    3. 分子レベルでの代謝やしくみなど
  4. 育成培地研究
    1. 発酵に関する研究
      1. EM菌(有用微生物群)について
      2. 発酵についての考察
      3. 衣裳ケースを使った発酵マット製造法
      4. マットの劣化
      5. 高温状態でのマット発酵・材の腐朽タイプ
      6. 腐朽菌・マットの微粒子化・小麦粉を使った発酵マット
      7. 発酵の条件
      8. 発酵とは・発酵の終息・異常発酵
      9. 共生生物・窒素不足・栄養としての微生物
      10. 幼虫のたんぱく源・微生物に関する知識
    2. 添加剤に関する研究
      1. より多く食べさせるために
      2. 添加物として使えそうなものの栄養組成
      3. 発酵マットの材料
    3. 菌糸に関する研究
  5. かぶとむし村計画
  6. おまけ
  7. サイトマップ

姉妹サイト