カルネージハートの紹介

カブトムシ大型化研究室>関連サイト

カルネージハートは、ソニープレイステーションからはじまった家庭用ゲームです。思考型シミュレーションゲームとして登場し、オーバーキルエンジンと呼ばれるロボットを設計し、戦わせます。オーバーキルエンジンにはハードウェアとソフトウェアとあり、ハードウェアは、機体、エンジン、武装、装甲などを組み合わせます。ソフトウェアは、チップと呼ばれる機体の動作の命令と条件によって命令の流れを分岐させるチップがあり、これらを2次元的に組み合わせることで、どのような条件ならどのように動かすかを決めていきます。組みあがった機体は、通常3機編成で戦闘に参加させ、あらゆる状況に対応できるように改良していきます。

シナリオが設けられており、シナリオごとに出現する敵機体と、地形が変化します。シナリオは、組み上げたオーバーキルエンジンで基地を占領していき、すべての基地を占領することで、ひとつのシナリオが終わり、次のシナリオへと進みます。占領済みの基地には工場があり、そこで、設計したオーバーキルエンジンを生産し、弾薬、燃料を持たせ出撃させます。出撃した機体を敵基地の上まで移動させれば、基地の占領となります。しかし、敵基地でも敵オーバーキルエンジンが生産され、組みあがると自基地へ占領を開始します。基地へ向かう途中に自オーバーキルエンジンと敵オーバーキルエンジンが重なった場合、戦闘に入り、制限時間内にあらかじめ組んだプログラムの通り動きます。プログラムには敵オーバーキルエンジンを破壊するための行動を組み合わせるのですが、その良し悪しにより、戦闘結果が変わってきます。戦闘の間は、プレイヤーは、対戦を眺めるだけですが、オーバーキルエンジンの動作を改良するために観察します。精練度の高いプログラムでは、被害が少なく、敵オーバーキルエンジンを破壊することができますが、精練度が低いプログラムでは敵オーバーキルエンジンを破壊することができないだけでなく、自オーバーキルエンジンが破壊されてしまうこともあります。

戦果によって報酬が変わり、オーバーキルエンジンの制作費に当てられるだけでなく、兵器開発、工場の生産効率を上げることもできます。

実際のプレイでは、オーバーキルエンジンを移動させ、戦闘、基地を占領するといったシナリオ自体にかける時間よりも、設計した機体のプログラムを組んで、改良していくための時間が多く必要となります。

ハードウェアの組み合わせは、あらかじめどのような機体にしたいのかがわかれば、数種類のパーツを組み合わせるだけなので、簡単にできます。

ソフトウェアのプログラムと呼ばれる命令チップの流れを決める作業は、プレイヤーによってさまざまで、簡単な流れを作ることで、処理・反応時間の短いプログラムを作ったり、またさまざまな状況で行動を変えるといった複雑なプログラムも決められた範囲の中でできます。

オーバーキルエンジンの行動としては、索敵→移動→射撃という流れが一般的で、攻撃を受けた場合、射撃物を索敵により発見し、回避行動をとらせます。索敵では、味方位置や、敵位置、地形、飛来物などを確認し、敵オーバーキルエンジンが有効攻撃範囲内にいないとき、旋回と移動を組み合わせ有効範囲内に入るよう行動します。攻撃有効範囲は、機体や武装によって変わります。障害物が敵オーバーキルエンジンと自オーバーキルエンジンの間にあるときは、障害物を避けるなどの行動をさせます。

こういった一連の命令をうまく組み合わせることで、対戦結果が大きく変わっていくため、非常に多くの時間を費やすこととなります。

シナリオをクリアした後は、ネット上、もしくは発売メーカー公式戦として、大会が開かれており、それぞれのプレイヤーが作った機体を戦わせ楽しむことができます。

carnage-fan[カルネージハート] - オーバーキルエンジンというロボット?を命令チップを組み合わせプログラムとして組み対戦させます。プログラム製作がメインで対戦はみているだけという変わったゲームですが、マニアには大変息の長い支持を受けています。このゲームに楽しさを見つけた人は、必ずはまります。そうでない人は何がなんだかわからずすぐに止めてしまうでしょう(笑。 - 初代カルネージハートからゼウス2(とりあえず)の情報をシナリオ攻略から、プログラミングまで幅広く情報を掲載します。本来、このゲームの一番の 楽しみは、シナリオ攻略でなく、その後の対戦です。自分が製作した機動兵器と相手の製作した機動兵器を戦わせ、どちらが強いか、また、最強と呼べる機体・ チーム・プログラミングは、と果てしなく続いていく人対人の思考対戦ゲームなのです。また、過去開かれた公式大会の対戦結果を掲載しています。第2回カルネージマスター決定戦から、ゼウス2ジャパンカップまで、入手できた資料を集め、公式大会記録としています。過去、試合に 参戦された方々の製作者・チーム・機種の一覧です。あなたの名前があるかもしれません。

【カブトムシ大型化研究室目次】

  1. カブトムシ大型化研究室トップ
  2. 掲示板
  3. 生命の神秘
    1. 遺伝子、突然変異、進化など
      1. インブリード(近親交配)をしよう
      2. 自然の選択・生物の大型化
      3. 進化
      4. 種の進化・分化
      5. 突然変異体の血の残し方・遺伝子の修復
      6. アウトブリード・クローン技術・突然変異
      7. DNAの塩基配列・細胞と遺伝子・デオキシリボース
      8. 現代の進化概論
    2. 他の生き物との比較など
    3. 分子レベルでの代謝やしくみなど
  4. 育成培地研究
    1. 発酵に関する研究
      1. EM菌(有用微生物群)について
      2. 発酵についての考察
      3. 衣裳ケースを使った発酵マット製造法
      4. マットの劣化
      5. 高温状態でのマット発酵・材の腐朽タイプ
      6. 腐朽菌・マットの微粒子化・小麦粉を使った発酵マット
      7. 発酵の条件
      8. 発酵とは・発酵の終息・異常発酵
      9. 共生生物・窒素不足・栄養としての微生物
      10. 幼虫のたんぱく源・微生物に関する知識
    2. 添加剤に関する研究
      1. より多く食べさせるために
      2. 添加物として使えそうなものの栄養組成
      3. 発酵マットの材料
    3. 菌糸に関する研究
  5. かぶとむし村計画
  6. おまけ
  7. サイトマップ

姉妹サイト